フロアコーティング以外の施工

床を保護する施工はフロアコーティング以外にもワックスで施工する方法があります。フロアコーティングとワックスを比較してどちらが自宅に合ったものか知っておくといいでしょう。

フロアコーティングを依頼してみて

インターネットで

以前ではホームセンターに行って、塗料を購入してワックスがけをしていました。しかし、インターネットでフロアコーティングを初めて知り今回依頼してみました。業者の方が迅速にコーティングを行ってくれて満足しました!!(男性 45歳)

家の印象が明るくなった

家の印象が暗くて業者に依頼してみました。施工が終わり家に帰ってみると床が見違えるほどにピカピカみなっていてビックリ!床のツヤも素晴らしいクオリティで、とても良かったです!!親族もビックリしていました(笑)(女性 38歳)

ツヤが長持ち

フロアコーティングを初めて依頼してみました。施工後のツヤが長期間にわたり保つことができたのは感謝しかありません。毎日、家が綺麗な状態で生活できるのが嬉しくてたまりません!!また、イスの傷も目立たなくなって嬉しい(笑)(女性 35歳)

子供や母親ために

自宅の安全性を考えて、フロアコーティングを依頼しました。ワックスと比べて、滑りにくく子供や母が怪我をする心配がなくて、ほっとしてます。また、フロアコーティングにしたおかげで掃除も楽になりました。(男性 42歳)

掃除が楽になった

フロアコーティングをして良かったと思うことは何より、掃除が楽になったことです!以前では床をこすらないと落ちないような汚れがスッと落ちるので、気持ちいいです。しかも、コーティングしてから一年経つのにまだツヤを保てています。(女性 30歳)

ワックスと比較してみる

床

コーティングの施工方法

フロアコーティングの施工は主に業者に依頼して行います。もしも、入居していても業者が家具の移動を行ってくれるので、自身が負担するのは金額だけで済みます。一方、ワックスの場合は自分で家具の移動からワックスがけまで、自分で行わないといけません。しかも、自分でやる為にどうしても床のコーティングにムラができてしまいます。

耐用年数について

フロアコーティングとワックスは耐用年数が大きく異なります。フロアコーティングは業者がしっかりとコーティングを行ってくれるので、一度で長期間の保護が可能です。それに比べて、ワックスがけは耐用年数が圧倒的に短いです。短いものであれば、約一か月程で塗替える必要があります。

水や油などの耐性

ワックス施工は水や油の耐性が、フロアコーティングと比較して弱いです。水や油から守るのがコーティングの役目ですが、ワックスの場合、時間が溶けてしまうとコーティングが溶けてしまう恐れがあります。フロアコーティングは水や油に強いだけでなく、薬品への耐性も強いです。

料金はどっちが安い

フロアコーティングは業者に依頼するため、費用がそれなりにかかってしまいます。逆にワックスの場合は、ホームセンターに行って、塗料を買えばいいだけなので安価で済みます。しかし、床のコーティングにこだわるならフロアコーティングがおすすめです。今では業者によって、価格もリーズナブルな価格で依頼することもできます。

安全性について

フロアコーティングは、業者が人体や家に害がないコーティング剤を選んでいるので安心です。しかし、ワックスの場合は、自分で塗料を選ばないといけないので、安全性が欠けます。しかも、ワックス塗料の中には、超強力なアルカリ性が含まれている商品もあるので、選ぶときは慎重に選ばないといけません。